お客様と「まぼろしの邪馬台国」談義(^.^)

 

なかしょうじ です。

 

9/28(日)にコッコの本社事務所へお客様がいらっしゃいました。


上天草市の 森 様 ご夫妻。

バナナオーナーについてお問い合わせです。


ふれあい館で竹本副館長からご説明。

あいにく順番待ちの盛況でまたお声かけいただくこととなりました。

 

お話をさせていただくなかで、びっくり情報!

実は森様は、「まぼろしの邪馬台国」の著者である、宮?康平さんの講演会にご参加されたことがあるとのことです!


奥様によりますと、

「もう10年以上も前になります。宮崎さんが奥様とご一緒に熊本へ来られて、講演されたんですよ。笑顔がとっても素敵な方でした。映画ができてとても楽しみです」


森様ご夫妻も笑顔がとっても素敵でした(^.^)


毎月1度はご来店されるそうで、

ご主人がバナナ好きということもあり、コッコファームオリジナル”酢”の「バナナで酢」をご愛飲されているとのことです。


「そうそう、宮?康平さんの邪馬台国の本、お貸ししますよ。今度もってきます」

とおっしゃってお帰りなさいました。

 

?康平さんさんは、島原で生涯農業とバナナを愛された方。やはり農業の会社であるコッコにとって、そんな方の講演や映画化がきっかけでお客様とご縁が深まることは、たいそう幸せなことです。

?康平さん、ありがとうございます(^^♪

 

(記事:なかしょうじ)

詳細は映画の公式サイトをご覧ください。→公式サイト

まぼろしの邪馬台国の監督は大ヒット映画「20世紀少年」の堤幸彦監督です。

ブログ内関連記事:竹中直人さん来熊! 映画「まぼろしの邪馬台国」